4月19日

タイ、プーケットでワクチン接種の観光客に開放

0 コメント

タイ当局は、ワクチン接種を受けた外国人が検疫を受けずに最大の休暇地であるプーケット島へ旅行することを認めることに同意した。

7月から、観光客はアンダマン海の南の島に直接飛行機で行かなければ、検疫のない滞在を楽しむことができなくなる。その他の条件については、現在検討中である。

スタートアップ企業は、到着時に予防接種を受け、感染していないことを証明する書類を提示しなければなりません。また、空港でPCRテストを受け、政府の追跡アプリのインストールを求められることもある。

タイのもう一つの観光地であるサムイ島は、このプログラムの対象外である。地元メディアでは大々的に紹介されているが、島の空港が小さく、国際線の直行便を扱うことができないと政府が判断したためだ。

政府によると、プーケットの計画は事前に島内の事業者の承認を得ていた。Supattanapong Punmeechaow副首相は2日、「彼らは力を合わせ、主要な観光県の再開モデルとなることを申し出た」と述べた。"県へのフライトがあり、質の高い観光客を誘致するためのホテルもある "と彼は付け加えた。

タイ国政府観光庁のユタサック・スパソーン知事によると、「サンドボックス」実験を開始するには、プーケットで人口の70%にワクチンを接種し、群れ免疫を獲得する必要があるとのこと。計画では、4月15日から第1次接種を、5月15日から第2次接種を開始する予定です。

サンドボックス計画は、政府が今後数カ月間に実施する予定の再開発策の一つです。

出典日経アジア


タグ


こちらもどうぞ

あなたのメールアドレスは公開されません。

{"email":"Email address invalid","url":"Website address invalid","required":"Required field missing"}

今すぐニュースレターを購読する